コリメータ収差の影響と入力損失のワーキングディスタンス

以下の問題を解析します。
コリメータのワーキングディスタンスはシステムの入力損失に対して影響があるか?
コリメータの順序はシステムにおいて重要か?
各コリメータの収差の大きさからシステムの入力損失を予測できるか?

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ