CODE Vによるフォトニクスシステムの設計

フォトニクスシステムのシミュレーションを正確に行うには、ガウシアンあるいは一般的な回折ビームの伝搬計算を組み合わせるか、もしくは古典的な光線追跡を実行して射出瞳における回折計算を考慮する必要があります。CODE Vではいずれの解析も可能です。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ