CODE Vによるフォトニクス機能

オプティカルファイバーをベースとしたシステムのモデリング、解析方法について紹介します。従来の結像光学系の幾何光学的な手法よりもむしろガウシアン手法に基いた伝搬計算を行なう必要のあるシステムです。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ