デジタルミリ波干渉計

福岡工業大学 近木 様

プラズマ閉込めの課題として、微視的なプラズマの揺らぎがプラズマを閉じ込め領域外部に輸送させる乱流輸送がある。本研究はプラズマの電子密度分布の高精度・高時間分解計測手法であるデジタルミリ波干渉計を提案・開発し、GAMMA10プラズマの密度分布を詳細に計測することを目的としている。CODE Vは、これら1対のパラボラリフレクタを設計するために利用した。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ