STED顕微鏡における凹面ミラーを採用したスキャンシステム設計、開発

東京大学 廣瀬 謙造様

STEDとは

STED顕微鏡は超高解像の蛍光顕微鏡です。
光の回折限界を越えて通常の蛍光顕微鏡より微細な構造を確認できます。
共焦点顕微鏡に対してExcitation beam(観察用励起光)とSTED beam(誘導放出用の超短パルスレーザー光)を組み合わせて照射し、反射で蛍光のスポットを小さくすることができます。

概要

超解像顕微鏡法の中でも生きた細胞でのイメージングに適している方法としてSTED顕微鏡法が知られている。STED顕微鏡においては、同軸上に誘導放出用のレーザー光線を導入し標本面においてドーナツ型の強度分布となるよう集光させる必要がある。また、これらのビームは標本面上においてXY方向にスキャンできるようにする必要がある。一般のレーザー顕微鏡のスキャナーでは、励起用レーザーと誘導放出用のレーザーの波長が大きく異なり色収差によってこのことを実現することが困難となる。そこで、色収差がないシステムとして凹面ミラーを採用したスキャンシステムを設計、開発する必要があり、このためにCODE Vを利用することとした。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ