デフォーマブルミラーを用いた補償光学系構築

明星大学 宮村様

波面測定と波面補正に関するアルゴリズムを評価するために、光学系の歪み、屈折率変化、ミスアライメントを模擬した数学モデルをCODE Vを用いて構築する。また、特に観測画像を用いた波面推定では、画像のSN比が重要であるため、LightToolsを用いた迷光解析を行う。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ