水晶体の加齢変化を考慮した精密水晶体眼球モデルの開発

北里大学 川守田様

眼科領域では、眼鏡・コンタクトレンズ・眼内レンズ等レンズの最適化、眼球構造の機能的役割の解明に模型眼が使われる。近年OCTやシャインプルークカメラ等、新しい機器の登場で、生体データもより正確さが増していることから、眼球モデルも向上させることが可能と思われた。また、現在は、超高齢化社会であり、加齢考慮型の眼球モデルを作成し、眼科だけでなく産業分野等への応用も重要と思われ、開発した。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ