Wavefront Codingにおける画像復元の画像向上のための研究

東京理科大学 浜本様

Wavefront Codingと呼ばれる被写界深度を拡大する技術において、理論上では、位相マスクをレンズ系の中に挿入し、撮像される画像に意図的にぼけを加えてディジタル信号処理による画像復元を行うことで被写界を拡大されますが、現実のレンズ環境では、物体の撮像距離によっては復元画像に劣化が生じます。
その問題を解決するために、複数の再構成フィルタを用いることで復元画像の画質向上を検討しました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ