ウェイブフロントコーディング技術を用いた顕微鏡の利便性向上の研究

早稲田大学 提箸様

ウェイブフロントコーディング技術を顕微鏡光学系に応用し、立体的な試料のすべての部位にピントがあった観察を可能にし、顕微鏡の利便性向上を目指しています。
顕微鏡対物レンズ光学系に位相板を挿入した場合のシミュレーションをCODE Vで行いました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ