宇宙線の空気シャワー観測用地上望遠鏡の基礎研究〜口径100cm薄型フレネルレンズ2枚による光学系〜

埼玉大学大学院 井上様

本研究室では、宇宙線大気光観測の研究を進めています。
昨年度まで、CODE V を用いて、屈折光学系の色収差問題に対して、回折レンズによる解決を試みたり、望遠鏡として構築した時にレンズを保持する為のフレームが集光能力に与える影響も検討しました。
本年度は、地上から宇宙線空気シャワーを観測する望遠鏡の検討を行いました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ