ウェイブフロントコーディング技術の実用可能性の研究

早稲田大学 臼井様

ウェイブフロントコーディング(Wavefront Coding,WFC)とは結像光学系の瞳関数を特殊な位相板で変調することによって意図的な劣化した中間画像を得て,その中間画像をデジタル処理によって画像復元する手法です。
今回、円対称形位相板を用いた被写界深度拡大(EDoF)システムの構成を目的とし、光学系の評価にCODE Vを利用しました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ