赤外線アレイセンサ用マイクロレンズの設計

立命館大学 木股様

現在の赤外線アレイセンサでは1画素における受光部の占める割合が小さく、入射する光が有効に生かされていません。
本研究はCODE Vを用いてマイクロレンズアレイを設計したもので製作し、赤外線アレイセンサに適用することでより多くの光量を集めることにより、感度向上を図りました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ