球面単レンズの設計

早稲田大学 張様

薄型カメラシステムを実現する手段として、球面単レンズを採用した携帯電話用カメラシステムを提案し、研究に取り組んでます。 CODE Vで設計した球面単レンズの収差(歪曲収差、色収差、ボケ画像など)を測定し、2次元シミュレーションで出力した画像に対し、パソコンプログラムで収差補正を目指しています。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ