常設型補償光学装置の設計

京都大学大学院 仲谷様

太陽及び宇宙プラズマ活動現象を中心とした天文学ならびに宇宙環境化学の先端的教育研究を推進しています。 地球の大気揺らぎをリアルタイムに補償してクリアな太陽像を定常的に観測できるようにすることを目的とした常設型補償光学装置(Adaptive Optics:AO)の開発を行っており、その際にCODE Vを利用しています。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ