コンタクトレンズの計測評価技術の研究・開発

兵庫県立大学 格内様、高坂様

高精度なコンタクトレンズ(CL:Contact lens)は屈折異常を矯正する優れた手段であり、広く普及しています。しかし近年、Quality of vision(QOV)の重要性が唱えられ、CL の波面収差が測定されるようになり、種々の問題点が指摘されています。本研究ではCL の低次収差、および高次収差の波面測定を目的とした簡易なPDI 光学系を構築するために、主に次の解析にCODE V を使用します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ