マイクロレンズ金型表面性状のインプロセス計測のための光散乱パターン解析

大阪大学大学院 林様

ダイレクトプレス法やレンズモールド法などのレンズ製作プロセスでは、何度もガラス材のショットを繰り返すと金型の表面性状が変化し、ガラスレンズの成型時に歩留まり低下の原因となります。本研究では、金型表面性状の定量評価技術を確立するため、金型表面に照射したレーザ光の散乱パターンから得られる定量的表面評価技術を確立します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ