赤外線センサ用マイクロレンズに関する研究

立命館大学 木股様

現在の赤外線アレイセンサでは1画素に対する受光部の占める割合が小さく、入射する光が有効に生かされていません。本研究はマイクロレンズアレイを設計・製作し、赤外線アレイセンサに適用させることでより多くの光量を集めるとともに、感度の劣化なしに熱時定数の短縮や、回路の集積化のための受光部の縮小が可能となる技術を開発します。本研究は昨年度に引き続きCODE V を用いて実際に作製するマイクロレンズを設計するとともに、マイクロレンズを装着する赤外線アレイセンサを設計、試作します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ