赤外分光計測機器の光学設計

東北大学 坂野井様

現在、惑星大気の赤外高分散光観測を行うための光学測定機器の開発が進めれられています。これは地上望遠鏡にとりつけられ、木星、火星、金星の大気観測が行われる予定です。今回、CODE V、LightToolsはこの赤外分計測器の光学設計に用いる目的で利用しました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ