小型衛星搭載用ハイパースペクトルセンサの開発

北海道工業大学大学院 青柳様

地球観測衛星の分野においてハイパースペクトルセンサへの期待が高まっています。ハイパースペクトルセンサは高波長分解能の分光放射計と2次元の画像センサを組み合わせた地球観測センサであり、分光部と2次元検出器を持っているため連続的な分光情報と画像情報を1度に得ることが可能です。本研究におけるCODE Vの利用は,HSC-III(Hyperspectral-Camera-III)の集光光学系および分光光学系の光学設計を目的としています。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ