薄型撮像システムTOMBOの複眼光学系

大阪大学 香川様

我々は複眼光学系が撮像システムの小型・薄型化および多機能化に有効であることに注目し,薄型撮像システムTOMBO (Thin Observation Module by Bound Optics)を提案しています。CODE Vは複眼撮像系の照明解析・像形成シミュレーションおよび,マイクロレンズアレイのレンズ設計を目的として利用しました。Vignettingによる像周辺での減光や,各種収差を含めた,平面画像に対する像形成を行いたいと考えました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ