迷光解析WEBセミナー 〜素早い迷光検出・対策のために〜

Webセミナー(無料)

本セミナーでは、迷光解析に役立つLightToolsの機能と、シミュレーション効率化のためのソリューションをご紹介します。

迷光とは、レンズ鏡筒の内面やレンズ端面などで発生する不必要な光のことです。 通常レンズと機構部品を組み合わせての迷光解析が必要になりますが、構成が複雑であるほど迷光の発生原因は増え、経路特定の難易度は増していきます。また、精度を確保するためにシミュレーションに長時間を費やしてしまうケースもあります。

これらの課題解決に向けて、LightToolsが備える豊富な解析機能や各種モジュールの活用が有効です。より簡単に、素早く迷光解析を行いたい方、是非お気軽に本セミナーにお申込みのうえ、セミナー動画をご視聴ください!

<〜こんな方におすすめです〜>
  • 迷光解析をより効率的に行いたい方
  • LightToolsでどのような解析ができるか知りたい方

お申し込み

専用のお申し込みフォームからお申し込みください。

お申し込みフォーム


セミナー概要

開催概要

受講料

無料 (WEB事前登録制)

推奨視聴環境

※動画の推奨視聴環境は以下をご確認ください。
  システム要件  現在閲覧しているブラウザのサポート確認

紹介製品

アジェンダ

  1. はじめに
  2. 迷光とは
  3. 迷光解析に役立つLightToolsの機能
    • 受光器フィルタ
    • レイパス
    • 範囲解析
    • 薄膜スタック
    • 散乱目標設定
    • 迷光解析事例 (心拍センサー)
  4. 解析をより効率化したい方へのご提案
    • DSIMモジュールの活用
    • SolidWorksリンクモジュールの活用
    • マクロの活用
    • 他ソフトとの連携
  5. おわりに

 


お問い合わせ