CODE V特別WEBセミナー2020(ライブ配信)

WEBセミナー(無料)

CODE Vの開発元である米国Synopsys社より、製品の最新機能や活用方法などの技術情報を提供する毎年開催のセミナーです。本年度は「WEBセミナー」として2回に分けて開催します。

【以下のような方におすすめ!】
・CODE Vの現行バージョンの情報を知りたい方
・CODE Vの次回リリース予定の最新バージョンの情報を知りたい方
・CODE Vの実用的な使い方や便利な使い方を知りたい方
・メタレンズや光学設計理論などの最新情報について関心のある方

日程・お申し込み

各日程で開催内容が異なります。ページ下部にございますアジェンダをご確認ください。

日程 セミナータイトル 時間
2020/11/18 (水) CODE V特別WEBセミナー2020 (第1部) 受付終了 13:30〜15:30
2020/11/25 (水) CODE V特別WEBセミナー2020 (第2部) 受付終了 13:30〜15:30

※ 終了時刻は質疑応答の状況により多少前後する場合がございます。

専用のお申し込みフォームからお申し込みください。

※本セミナーの受付は終了いたしました。


お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
ご理解の程お願い致します。
ベンダー様、競合企業様
個人(Gmailなどフリーメール)でお申込みの方

開催概要

開催形態 Zoomを用いたWEBセミナー形式での開催となります。
受講料 無料 (WEB事前登録制)
定員 各回500名
対象 ・CODE Vユーザー様
・CODE Vの実用的な使い方を知りたい方
・カメラ、メタレンズ、HUDの設計に興味がある方
注意事項 ・本セミナーの録音・録画は一切禁止とさせていただいております。
・第三者への視聴URLの転送や共有はご遠慮ください。
・Synopsys社による講演は英語になります。日本語対応として、開催前日までに日本語の講演資料送付を予定しております。

必要なシステム要件

以下よりご確認ください。

Windows、macOS、Linuxのシステム要件 (Zoom)

アジェンダ

11/18(水) CODE V特別WEBセミナー2020 (第1部)

講演内容

 
1. CODE V新機能紹介 (CODE V New and Upcoming Features)
最新バージョンCODE V 11.4の機能、Customer Portalの更新情報、そして今後リリースされる機能のプレビューについてご紹介します。
2. 携帯電話用カメラレンズ設計 (Optics in Cell Phones)
携帯電話の撮像光学系には、設計、製造、エレクトロニクス、ソフトウェアの各分野で卓越した技術が求められています。本発表では、コンパクトで非球面度の高い対物レンズを設計するための鍵となるCODE Vの機能と技術についてご説明します。また、性能と製造性を最大化するためのCODE Vの手法に光を当てます。
3. フロントガラスをコンバイナーとした自動車用HUDの設計
(Automobile HUD with Windshield Combiner in Synopsys' CODE V)
ヘッドアップディスプレイ(HUD)は、自動車の一般的な装備品となりつつあります。 本発表では、フロントガラスをコンバイナーとして使用した、単一の自由曲面リフレクターを持つ自動車用HUDの設計についてご案内します。

11/25(水) CODE V特別WEBセミナー2020 (第2部)

講演内容

1. オフナーの変種と興味深い収差理論
(Offner Variants and Some Interesting Aberration Theory)
本発表では、3つの同心ミラーで構成される「一般的オフナー」と同類の設計での3次収差を調べます。画角が円環状の光学系であるため、像面湾曲には比較的余裕があると予想されますが、ペッツバール和が他の収差に驚くべき影響を与えることを示します。
2. RSoftとCODE Vによるメタレンズ設計およびシミュレーション
(Metalens Design and Simulation with RSoft and CODE V)
メタレンズは、全体サイズが光の波長に比べて大きく、また波長未満の構造を含んでいるため、その設計とシミュレーションは挑戦的なテーマです。本発表では、ナノセルシミュレーションのための厳密なFDTDおよびRCWA法を用いた解析について述べます。 これらのシミュレーションを、よりサイズの大きいメタレンズシミュレーションのための効率的なビーム伝搬解析手法と組み合わせます。
3.宇都宮大学 大学院におけるCODE Vを使った講義内容紹介
宇都宮大学 大学院
客員教授
稲 秀樹(イナ ヒデキ) 様
CODE Vを使用した宇都宮大学・大学院で行っている講義で配布した自作の入力用の資料を紹介します。次に最適化の理解のためにDeep Learningのモデルをエクセルのソルバーを使用した内容を実際に動かしたデモを実施します。更に実際に受講生が演習で設計した数例もお見せします。

※講演内容・順序は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。
※ユーザー講演を現在調整中です。随時、情報をアップいたします。

紹介製品

光学設計解析ソフトウェア CODE V

 


お問い合わせ