光学用語集加法混色と減法混色

加法混色とは

異なる色の光の重ね合わせにより新たな色ができることを加法混色と呼びます。

加法混色の例

例えば、単純に複数の色の光を白色スクリーンに照射した場合に、加法混色が起こります。 またディスプレイなどでも利用されており、微小な画素として複数の色の光源を使用し、それらを混ぜ合わせた色をディスプレイから発しています。

加法混色の考え方

xy色度図で考えると、2つの色の光の加法混色によって得られる光の色は、元の2色の点を結んだ直線上にあります。


xy色度図上における表現(2色の足し合わせ)
:混色後の色は、元の2色をつないだ直線上にある

さらに光源が3つの場合は、加法混色後の色は各点を直線で結んだ三角形の内部に存在します。


xy色度図上における表現(3色の足し合わせ)
:混色後の色は、元の3色をつないだ三角形内にある

減法混色とは

主に白色光を異なった波長特性を持つ光学材料に透過させ、色を得る方法です。 減法混色の場合は明るさが減衰するためこのように言われます。

減法混色の例

身近な例として、カラー印刷物があります。 白色の用紙に異なる波長特性(分光透過率)を持つ色素を複数付着させ、カラー印刷を実現しています。 下図は黄色(Y)、マゼンダ(M)、シアン(C)の透過波長特性を単純化したものです。これらの色素を組み合わせ、共通の透過波長帯の光だけを透過させることにより、所望の色を作成します。


各色素の透過波長特性

<< 前へ | 次へ >>

この用語に関連するお薦めコンテンツ

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ