光学用語集球面収差(Spherical aberration)

光学系の口径に依存した収差。任意の画角光束内の、任意の高さの光線が評価面上で1点に集光しない収差のことを球面収差と呼びます。以下の関略図における△Sが球面収差です。通常、入射瞳上を通過する光線高さ D に対する球面収差量△Sをプロットして球面収差図を表示します。

球面収差が顕著なスポットダイアグラムの例です。

光学用語集 一覧

 


お問い合わせ