光学用語集ファーフィールド・ニアフィールドパターン

発光素子、光ファイバ等の出射部の光出力の平面分布をニアフィールドパターン、出射部より離れた光出力の角度分布をファーフィールドパターンと言います。 レーザダイオード(LD)の場合、結晶の構造などによりニアフィールドパターンが異なります。光の発振モードが単一の場合はガウス分布に近いニアフィールドパターンになりますが、多モード発振(結晶内での発振モードが複数存在)の場合は、ピークを複数持つニアフィールドパターンを示すことがあります。 LDのファーフィールドパターンの計測にはナイフエッジ法と呼ばれる手法や、ビームプロファイラという機器が使用されます。ナイフエッジ法では鋭く直線的な端面を移動させて光をカットし、その後部にある受光素子でその移動した面での強度分布を得ます。ビームプロファイラでは2次元の受光素子アレイ(CCDやCMOS)を使用して分布を測定します。

<< 前へ  | 次へ >>

この用語に関連するお薦めコンテンツ

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ