光学用語集光学フィルタ

光学フィルタは、主に透過光を波長特性、偏光特性などに応じ選択的に取り出す光学素子です。特定の波長のみを透過させるバンドパスフィルタ(干渉フィルタと呼ばれることもあります)、広い波長範囲を透過域と吸収域に分離するシャープカットフィルタ、特定の偏光方向を持つ光だけを取り出すフィルタなど、様々なフィルタがあります。
必要とされる特性としては、透過率、中心波長、半値幅、透過域と吸収域の境目の切れの鋭さなどがあります。

特定の波長領域を取り出すバンドパスフィルタでは、図1に示すような最大透過率、中心波長、半値幅が重要な特性になります。フィルタの用途として、例えば波長多重光通信(WDM)分野では、狭い波長間隔で設置されている多くの信号光から特定の信号光だけを取り出すために使われます。分析分野では、溶液や気体の濃度を評価のために使用されることもあります。


図1. バンドパスフィルタの波長特性の一例

広い波長帯域を対象とし、透過域と吸収域に分離する目的のシャープカットフィルタにおいては、透過域と吸収域の境目の波長と切れの鋭さが重要な特性となります。JIS B 7113では、境面の波長は透過率72%と5%の波長の中間(透過限界波長)で、切れの鋭さは透過率72%と5%の波長の幅(透過限界波長)で定義されています。一般的に使われる、紫外線フィルタや赤外線フィルタなどもシャープカットフィルタの一種です。


図2. シャープカットフィルタの波長特性の一例

この用語に関連するお薦め事例

User-defined Coatings and Polarization Ray Tracing
薄膜と偏光を考慮した解析(プロジェクター応用例)

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ