光学用語集ペッツバール和(Petzval sum)

2次元の像面で収差を評価する場合、その像面が光軸と垂直な平面上に一致せず、像面が曲がる収差を像面湾曲と呼びます近軸光線追跡の過程で計算されるザイデル収差の一つです。この収差成分は各面で発生する値であり、ペッツバール曲率と呼ばれます。


r:任意の面での曲率半径 n':射出側屈折率 n:入射側屈折率

この値の光学系全体で和を計算したのがペッツバール和です。


i:面番号 n':像空間の屈折率

光学用語集 一覧

 


お問い合わせ