光学用語集XYZ表色系

表色系とは、色を定量的に表す体系です。数学的には3つの変数があれば全ての色を表現できるとされ、通常は3次元の色空間を構成します。

表色系には、「混色系」と「顕色系」があります。
混色系は、色を心理物理量と捉え色刺激の特性によって現すもので、数値として伝達する場合に適しています。XYZ表色系が代表例です。
顕色系は、3つの特徴に従って色を配列し、その間隔を調整し整合性を高め、尺度と共に表示するものです。マンセル表色系やNCSなどが代表例です。

ここでは、代表的な混色系について紹介します。
・ CIE 1931 XYZ色空間では、輝度をY成分、色度をX,Z成分で表します。このXYZ表色系では、数値と色の関連が判りにくいため、絶対的な色合いを表現するためのxyY表色系が考案されました。x、yを色度座標と呼び、全ての色はxとyによる2次元平面で、明度はYで表現されます。
・ CIE 1976 Luv色空間のLu’v’表色系は、xy色度図の波長間隔の均等性を改善したものです。
・ CIE 1976 L*a*b*表色系は、知覚の均等性を重視したものになっています。


図1. 直線偏光(xyz)

図2. 直線偏光(xy)、z軸は紙面上向き
 

図3. 円偏光(左周り)(xyz)

図4. 円偏光(左周り)(xy)、z軸は紙面上向き

<< 前へ | 次へ >>

この用語に関連するお薦めコンテンツ

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ