コンカレントチームデザインXpedition xPCB Team Layout

動的かつリアルタイムに複数のユーザがレイアウト設計と制約入力ができる環境でPCB設計を高速化

Xpedition xPCB Team Layout(旧XtreamPCB)によって複数のユーザがいつでもどこからでもPCB設計に同時にアクセスし、編集や保存をすることが可能です。データベース全体にリアルタイムでアクセスが可能なため、設計を分割して後で結合しなおす必要がありません。
このツールでは、すべてのユーザによる編集が管理され、更新情報は継続的にチーム全体に送信されます。
コンカレント設計の手法によって、きわめて複雑なPCBの場合でも設計サイクルを40〜70%短縮することが可能です。

  • LANまたはWANで接続された複数のユーザが、共通のPCBレイアウト・データベースを、同時にリアルタイムで編集、更新することが可能
  • 複数の異種プラットフォーム上できわめて高速かつ高精度な自動配線を実行
  • 複数ユーザによる作業の競合をリアルタイムで解消

特長

世界中からコンカレント設計

世界各地に分散した複数のPCB設計者が単一の設計データベース上で作業することが可能

極めて効果的に作業の競合を管理

作業中の領域を示す「フォース・フィールド」によって変更を保持することができ、各設計者は他の設計者の編集箇所をリアルタイムで確認することが可能

自動配線を10倍高速化

最大15台のCPUを同時に利用し、大規模PCBの自動配線を高速化

技術仕様

チーム設計のための機能

  • 「分割して結合する」アプローチを使った従来のチーム設計手法とは異なり、物理的な役割を必要とせず、各設計者は他の設計者の編集箇所をリアルタイムで確認することが可能
  • 各設計者が互いの生産性に影響を及ぼすことなく、担当部分の設計に集中することが可能
  • サンドボックスの技術によって回路を隔離し、許可されていない変更を禁止
  • すべてのレイアウト作業(配置、相互/自動配線、製造準備)に対応
  • 動的かつリアルタイムの制約入力
  • 複数ユーザによる競合を動的かつリアルタイムに管理
  • 最大15ユーザ(ローカルまたはグローバル)まで拡張可能
  • 追加のトレーニングは不要

分散型の自動配線機能

  • 最大15台のCPUを同時に使用して、大規模PCBの自動配線を10倍高速化
  • 世界中どこからでもバッチ処理による大規模なPCBの自動配線が可能
  • 複数の異種プラットフォーム上できわめて高速かつ高精度な自動配線を実行
  • 多数の設計オプション(部品の配置、制約条件、層数など)をテストして、最も効果的な選択肢を選択

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ