ECADとMCADのコラボレーションXpedition xPCB MCAD

ECADとMCADの間で双方向のコラボレーションを実現

Xpedition xPCB MCADによりXMLプロトコルに基づいたProSTEP承認のデータ交換規格であるElectrical Design , Mechanical Design(EDMD)を使用してMCADシステムとの設計データのやりとりが行えます。
これによって、設計者はそれぞれの使い慣れた設計環境にいながら、いつでも何度でも他の設計ドメインとのコミュニケーションをとることができます。
例えば、ECAD設計者は変更を提案し、提案内容を伝えるために必要なデータだけをMCAD設計チームに送信できます。またMCAD設計者についても、ECAD設計チーム対して同様のことが可能です。

  • ECADチームおよびMCADチームは、フォームファクタの厳しい制約の中で、品質、信頼性、性能の各要件を満たした最適なエレクトロニクス製品の開発が可能
  • 紙ベースと口頭によるやりとりをデジタル・データによるやりとりに置き換えることで、高速でエラーのない変更を実現
  • 「対話」できるグラフィカルなプラットフォームを提供し、ECADとMCADの設計者が設計要件を総合的に検討可能
  • グラフィカルな「サンドボックス」を使って「what-if」シナリオをサポート

特長

ECAD設計者とMCAD設計者が各設計環境の中で共同作業を実現

新しいツールの操作を習得する必要がなく、トレーニングや基板上に費やす時間を節約

レイアウト環境でPCB画像と筐体を3D表示

エレクトロニクス設計者は、機械的制約や製造上の制約を考慮して最適なレイアウトを決定

一貫性のある双方向のコミュニケーション

設計チーム間で同期を取り、プロセス終盤での手直しを回避

技術仕様

  • グラフィカルな「サンドボックス」を使って「what-if」シナリオをサポート
  • Xpedition Enterpriseのフローと緊密に統合された使いやすいインタフェース
  • ProSTEPに承認された標準XMLプロトコルであるElectrical Design , Mechanical Design(EDMD)を介してMCADシステムとのコミュニケーションを実現
  • ECADとMCADの設計者はそれぞれの設計環境で快適に作業しながら、テキストや図によるデータを迅速かつ効率的にやり取り可能
  • ECADとMCADの双方で合意した変更内容は、自動的にPCBレイアウトに適用
  • ECADチームとMCADチームのコラボレーションにより、フォームファクタの厳しい制約のなkで、品質、信頼性、性能の各要件を満たした最適なエレクトロニクス製品の開発が可能
  • コラボレーションによる「what-if」分析で、エラーの発生を防ぎ、時間のかかるリスピンを解消
  • PCBと筐体の3D表示を利用して、エレクトロニクス設計者が機械的制約と製造上の制約を考慮した最適なレイアウトを決定
  • ECADとMCAD間で設計変更データの双方向のやりとりが正確かつ迅速に実現

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ