制約条件管理Constraint Manager

制約ドリブンの完全統合型設計メソドロジ

Constraint Manager(旧Constraint Editor System)は、フローに統合されたスプレッドシート形式の制約インタフェースで、回路図入力ツールと物理レイアウト・ツールの両方に対応しています。

制約インタフェース、回路図入力、レイアウト間でハイライトしたり選択したりできる双方向のクロスプローブ機能によって、設計意図が正確かつ効率的に取り込まれ、正しく適用されていることを確認できます。

制約管理機能によって、単一環境で電気的制約と物理的制約の両方を定義および検証できるため、それぞれ個別にデータベースを保有する必要がなく、設計精度が向上すると同時に、複雑な制約入力プロセスを簡素化できます。設計内または設計間での制約の再利用や、制約の同時入力が可能なため、設計プロセスが高速化します。

特長

性能と製造上の制約を管理する統合された単一の制約入力ツール

設計入力からPCBレイアウトまで一貫性を保ち、またコンカレント作業が可能な制約編集とクロスプローブ機能を提供

制約テンプレートによって複雑なルールを複数のネットに適用

設計意図がシミュレーション環境から直接レイアウト上に確実に適用

制約編集環境で制約を直接検証

設計意図に照らしてレイアウトを検証可能

技術仕様

  • 強力で使いやすいスプレッドシート形式のGUIを採用しており、設計データベースによるガイド機能や各種アプリケーションとのクロスプローブ機能を提供
  • 階層型の制約条件の入力により、複数のオブジェクトに対する複雑なルールを迅速に入力
  • 同時作業中のユーザによる同データの編集を回避するロック機能によって、複数ユーザによる同時編集が可能
  • フォーマルおよび非フォーマルな制約の再利用、制約の同時入力と編集機能によって、市場投入までの期間を短縮
  • 組み込まれたアプリケーションによりツール内での制約編集を可能にし、設計の生産性を向上
  • 仮想ピンを使用してトポロジおよび関連する制約の作成が可能。より高度な自動トポロジを使用することも可能
  • デバイスとモデルの情報を比較し、無効なモデルの割当て、不正なモデルの上書き、不一致などを検出する使いやすい機能を提供
  • ネット名の変更、接続の追加/削除、ピン/ゲートのスワップ、スタックアップ変更などを行ってもルールはフローを通じて維持
  • 共通の命名規則、ネット名に対するワイルドカード検索、設計全体から対話形式で選択したネットのペアの情報を使用して、差動ペアを簡単に作成
  • 適切なインピーダンス整合を行うために、スタックアップ・プロパティの表示および修正が可能
おすすめセミナー

PCB設計資産活用セミナー 無料
PCB設計の現場で部品共通化とかPCB設計データ(ライブラリレベル/IP)で共有すると回路設計/基板設計ではどういったメリットがあるのかをツールをさわりながら体験していただきます。

PCB設計プロセス改善セミナー 無料
近年、PCB設計環境は大きな変化を求められています。・競合製品/競合企業との差別化要求(付加価値向上、コストダウン、環境規制対応など)・BtoCからBtoBへの企業戦略変更 一方、設計者からはシステム/ツールの使い勝手向上、面倒な作業手順の改善などの要求が挙がってきています。様々な要求を整理し、優先度を付けて改善を進める考え方について本セミナーでは紹介します。

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ