SI解析HyperLynx SI

設計の早い段階でシグナル・インテグリティに関する問題を解析し、コストのかかる手戻りを削減

HyperLynx SIは、PCBシステム設計におけるシグナル・インテグリティの解析結果を迅速に、簡単に、そして正確に生成するため、ルール探索、定義、検証を効率的に管理し、確実に設計の目的を達成できるようにします。

HyperLynx SIには、回路設計から最終レイアウト検証に至るまですべての機能が統合されています。また、オーバーシュート/アンダーシュート、リンギング、クロストーク、タイミング問題など、ハイスピード設計が抱える典型的な問題にも迅速かつ正確に対処します。

特長

包括的なSerDes設計のサポート

FastEyeダイアグラム解析、Sパラメータ・シミュレーション、BER予測を含みます。

DDRxウィザード

セットアップ、またタイミングを含むDDRプロトコル・メモリシステムの検証を容易にします。

フルウェーブ3D EMフィールドソルバを統合

HyperLynx SIは、差動ビアを含む詳細な構造解析を容易にします。

技術仕様

  • 業界で定評ある使いやすさ: 短時間での結果生成
  • トレースのインピーダンス、カップリング、周波数依存の損失を正確にモデリング
  • ディスクリート、トレース形状、トレース長、ドライバ設定に対してさまざまな値をスイープ
  • ターミネータ・ウィザードにより最適な終端抵抗を提案
  • DDRxウィザードにより、タイミングを含むDDR、DDR2、DDR3メモリ・システムの完全な検証が可能
  • シリアル・インタフェースBER(Bit Error Rates)、ワーストケース・ビット・シーケンス、アイ・ダイアグラムを数週間ではなく数時間で正確に予測
  • 高度な探索型のビア・モデリング
  • フルウェーブ3D EMフィールドソルバを統合
  • EMCエラーの可能性を早期に予見
  • HSPICE、Eldo、IBIS-AMI、AMS、Sパラメータ、IBISモデルを容易にインスタンス化
  • プリレイアウトモードによって、設計の探索、回路図検証、制約の定義を実施
  • ポストレイアウトモードによって、完全バッチ処理による設計の検証を実施
  • 回路図、制約、レイアウト環境を含むXpedition Enterpriseフローと統合
  • EBDモデル、コネクタモデルを含む強力で使いやすいマルチボード解析
おすすめセミナー

プリント基板ノイズ対策セミナー 無料
近年プリント基板を動作させる上で問題となっているEMI、SI、PIのシミュレーションについて基礎的な知識を学び体験することにより理解を深めていただきます。本セミナーでは全体を3つのパートに分け、PCBレベルのSI、EMI&PI、回路レベルのPIとそれぞれに対するソリューションを説明、実習いただきます。

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ