PI解析HyperLynx PI

PCB設計プロセス全体を通じて、電源供給ネットワーク(PDN)やノイズ伝播メカニズムを正確にモデリング

HyperLynx PIでは、PCB設計で機能不良を起こす可能性がある電源供給の問題を特定し、使いやすい「what-if」環境で問題を調査しながら解決策を探ります。

ほかのパワー解析製品と違って、このツールは習得に長時間かけなくても直感的に使用でき、設計チームの誰もが迅速かつ正確にパワー・インテグリティを解析できます。

この優れたパワー・インテグリティ解析機能を設計チーム全体で使用することで、プロトタイプの作成回数を減らし、市場投入までの時間を短縮すると同時に、より信頼性の高い製品を開発することが可能になります。

特長

電圧降下の解析

レイアウト内で電流密度が過剰な領域を特定

ICのスイッチングノイズをシミュレーション

HyperLynx PIによって、プレーンやビアを伝播するICスイッチングノイズの影響をシミュレーションすることができます。

PDNのインピーダンス・プロファイル検証

HyperLynx PIで、動作周波数レンジ全体を通じてPDNのインピーダンス検証を実施

技術仕様

  • 業界で定評ある使いやすさ:短時間での結果生成
  • 電源供給、ノイズ伝播メカニズムとしてのプレーン構造を正確にモデリング
  • 電圧降下や電流密度を解析
    • 過剰な電圧降下、高い電流密度、過剰なビア電流、また関連する温度上昇などのDC電源供給問題が発生しそうな箇所を発見
    • シミュレーション結果をグラフィカル形式とレポート形式で表示できるため、DC電源供給の問題点を素早く簡単に特定
  • パワー・インテグリティと熱のコ・シミュレーションにより温度上昇を予測
  • 電源供給ネットワークの解析と最適化
    • PCB上の複数位置でPDNのインピーダンスを解析
    • 解析を通じてPDN上のコンデンサの使用、配置、実装を最適化
    • PDNに新しいテクノロジを適用した場合の利点や、インピーダンスがプレーンのノイズ伝搬に与える影響を仮想環境で調べることが可能
  • さまざまなスタックアップ、コンデンサ選択、配置、実装方法を検討可能
  • IC電源ピンおよび信号ビアからプレーンへのノイズ伝播シミュレーション
  • 電源供給ネットワークモデルを抽出
  • すべてのバイパスおよびプレーン共振の効果を含む正確なビアモデルを作成
  • Sパラメータ、Zパラメータ、YパラメータとしてPDNモデルを抽出
おすすめセミナー

プリント基板ノイズ対策セミナー 無料
近年プリント基板を動作させる上で問題となっているEMI、SI、PIのシミュレーションについて基礎的な知識を学び体験することにより理解を深めていただきます。本セミナーでは全体を3つのパートに分け、PCBレベルのSI、EMI&PI、回路レベルのPIとそれぞれに対するソリューションを説明、実習いただきます。

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ