より上流設計で、より広範囲にシステムの解析を

システムレベル、MBD、1D CAE

設計値への制約条件が厳しくなることにより、3D CAE である FEM、CFDのみでは、そのシステム設計値間のトレードオフを現実的な分析時間で捉えることが難しく、抽象化し、「システムレベル」あるいは「MBD」、「1D CAE」との組合せが有用です。

回路網からマルチドメインへ

熱解析においては、これまで様々なツール上で、熱や流体の伝達経路を模擬し、回路網として捉える 1D 的アプローチが使われてきました。これを拡張し、発熱源や制御も含め広範囲なシステム表現を、計算速度を犠牲にすることなく可能にします。

シミュレーションと実世界の連携

リアルタイムもしくはそれを超える速度でのシミュレーションを実現することで、ネットワークを経由し実際のセンサ値と連携した解析が可能になります。これにより実環境条件を考慮した設計をしたり、保守サービス用の情報として使うことが始まっています。