CNC工作機械をモチーフとするFA精密メカトロニクスのシステムレベルモデリング

  1. MapleSim「マルチボディ」「1−Dメカニカル」「電気」「信号ブロック」の各ライブラリを活用することで,剛体系の機械力学と機構学などメカトロニクスの学理に則して,ボールねじ駆動サーボ機構の計算機モデルを作成し,各部の力や運動状態を可視化。
  2. PTP動作での精密位置決めを阻害する「過渡応答」と「軸間干渉」,CP動作で生じる輪郭運動誤差(「半径減少」と「コーナだれ」)のような現象を,シミュレーションで模擬。
  3. CNC工作機械の信頼性向上のため,過去の不具合事象の解明と記録,改良設計,設計変更管理などに活用可能。

ケーススタディダウンロードはこちら

惑星ローバーのHILリアルタイムシミュレーション

  1. 太陽発電式惑星ローバーのHardware-In-the-Loop(HIL)テスト環境を開発
  2. MapleSimで高精度・高計算効率のリアルタイムアプリケーション向けモデルの作成
  3. このアプローチにより、プロジェクトの全体の開発期間を大幅に削減
  4. MapleSimはマルチドメインを扱うことができ、計算効率を高めるために数式処理の簡単化を使用しており、LabVIEWとの接続も容易であるため、このアプリケーションにとって理想的な環境である

ケーススタディダウンロードはこちら

MapleSim モデルを使用して、ウォーキング、ジャンピング、ホッピングロボット Byrunを構築

  1. MapleSim で各設計フェーズの仮想プロトタイプを作成することで、試作の必要なメカニカルソリューションの実行可能性を検討
  2. Mapleは複雑な運動学を容易に簡単化できるため、プロジェクトに必要なリソースが大幅に削減されるなかで、強力なツールに
  3. 脚の動特性のような複雑な数理モデルを自動的に生成するMapleSim の能力は、実に優れている

ケーススタディダウンロードはこちら

Maplesoftのテクノロジーで開発されたハイスピードロボット

  1. Maplesoftのテクノロジーを利用することにより、ロボットの初期開発にかかる時間を大幅に短縮
  2. AEMK System社では、リアルタイムのHILテストで利用するためにハイスピードロボットシステムのモデリングとシミュレーションにMapleSimを活用
  3. モデルの数式をリアルタイムのソースコードに変換する際、MapleSimのコード生成ツールはさらなる最適化を行うためシミュレーション速度はより速く

ケーススタディダウンロードはこちら

MapleSimを使用して、従来のツールでは不可能な 無人航空機モデルにおける洞察を実現

  1. 従来のツールに勝るMapleSimの2つの大きな利点
    • ジャイロ効果の力学特性を完全に取得可能
    • 物理モデリング環境でのパラメータスタディ
  2. MapleSimにより非常に短い時間と最小限の努力で非常に高精度なモデルを開発
  3. ロータのさまざまな設計をテストし、一番すぐれた設計を選択

ケーススタディダウンロードはこちら

Mapleを使用して上半身が不自由な方の生活の質を向上

  1. Mapleは、大規模方程式と行列計算をこなし記号解を返す、ロバスト性に定評があり、しかも非常に直観的に使えるソフトウェア
  2. Mapleのパワフルなシンボリック計算アルゴリズムで最適化された出力関数をシミュレーションおよびアームの組み込みコントローラで使用するC++コードに変換
  3. C++コードよりもはるかに理解しやすい数式表現のMapleコードは、製品開発およびデバッグの効率化を実現し、開発期間を大幅に削減

ケーススタディダウンロードはこちら

MapleSimを使用してリハビリ用筋骨格アームとロボットモデルを開発

  1. MapleSimを使用して、上肢リハビリロボット向けコントローラ開発用の人腕の筋骨格モデルを開発
  2. MapleSimはシンボリック計算テクノロジーと最適化されたコードの生成により、ほかのソフトウェア環境よりも優れた動作を示します

ケーススタディダウンロードはこちら

MapleSimで小型ヒューマノイドロボットをモデリング

  1. ボディ質量、回転慣性、および重心を定義するためにCADモデルをインポート
  2. MapleSimのカスタムコンポーネントを用い、摩擦と垂直抗力を支配する数式を指定する事により、ロボットの足と床との接触を実現
  3. MapleSim Battery Libraryのリチウムイオンバッテリパックモデルが含まれており、バッテリの挙動や、バッテリとシステムの残りの部分との相互作用を表現
  4. MapleSimのマルチボディ解析ツールに加え、モデルの動作の数式抽出、およびロボットアーム動作の逆運動学問題の記号解を特定

ケーススタディダウンロードはこちら

高性能モデリングでさらに高速な歩行を学習

  1. 自分でプログラムを書かずに可視化できるMapleSimの貴重な機能
  2. ハードウェアとのインターフェースを取るためにC++コードを直接生成することができ、コントローラの実装/デバッグプロセスを加速させる
  3. ドラッグ&ドロップ可能なモデリング環境を使用して複雑なシミュレーションを簡単に構築し、MapleSimの直観的なインターフェースにより最小限の労力で既存モデルを編集
  4. MapleSimの提供する線形化技術もまた、ロボットのモデリングにおいて重要

ケーススタディダウンロードはこちら

お問い合わせ

サイバネットシステム株式会社 CAEソリューション事業部

TEL
03-5297-3299
受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30
※土日祝及び弊社休業日を除く
MAIL
infomaple@cybernet.co.jp
FORM
お問い合わせフォーム

開発元コミュニティ