Laoss 2.0 リリース情報

Laossの最新版では、Laossの2+1Dシミュレーションに熱のモデリングが導入されました。OLEDや太陽電池にて生じた熱と温度分布によるデバイス電流の変化を計算します。

上の図は、六角形のバスバー電極を有する10x10cm2のOLEDの電圧と温度分布のシミュレーション結果を示しています。同様に、太陽電池に対しても、熱の生成と、その結果の局所的なシャントに起因する温度分布を計算できます。

Laoss 2.0 は、また、AMOLED(Active Matrix OLED)でのピクセルクロストークの電気的モデリングのチュートリアル例を含んでいます。以下の左図は、RGBピクセルの配置例を示しており、中央の青のピクセルの点灯に対して電位分布をシミュレーションしたものが右図です。

 



Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
多種多様な光デバイスの設計評価に役立つツールをご提供いたします。
3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」
ヘッドランプ、車内照明、空間照明、医療機器、カメラ
自動運転車シミュレーション「Ansys AVxcelerate」
ADASセンサー、ドライビングシミュレーター、ヘッドランプ
フォトニクス解析ソフトウェア「Ansys Lumerical」
ナノ光デバイス、光半導体、レーザー、光ファイバ、光システム
光学設計ソフトウェア「Zemax OpticStudio」
運転支援カメラ、携帯電話/パソコン用カメラ、航空機用外部照明、ヘッドライト、レーザプリンタ
耐久試験測定器「Litos」
太陽電池、OLED