【Web 配信セミナー】

光学レンズの公差設計における高速処理AI

セミナー概要
精密さが要求されるレンズ設計の世界では、製造誤差や組立誤差を考慮した設計が不可欠です。

様々な製造ばらつきがレンズの各種光学性能に与える影響を解析する際には、想定される誤差をランダムに与えたモデルサンプルを大量に作り、一つ一つ解析を実行して光学性能の実力分布を求めるモンテカルロ法が使われます。しかしながら、滑らかに連続した精度良いレンズ性能の実力分布を得るには膨大な計算試行回数が必要となり、時間的コストや計算機コストが大きくなってしまうのが課題です。

本セミナーでは、光学設計解析ソフトウェア「CODE V」による公差解析シミュレーションを題材に、必要最低限の解析データを元にAIサロゲートモデルを構築し、レンズ性能を精度良く予測できる高速処理AIとして活用する事例をご紹介します。

開催概要

再生時間 約23分
対象者 ・CAE活用に関わるエンジニアの方(特に光学シミュレーションに興味がある方)
アジェンダ ・CODE Vによる公差解析の高速化(製造誤差を与えたときのMTF予測)
・CODE Vによる公差解析の高速化(画角を変更したときのMTF予測)
・CODE Vの波面微分法による公差解析 (TOR)との差別化
主催 サイバネットシステム
「CODE V」とは 光学設計評価およびエンジニアリング用プログラムです。光学系の配置や各種の光学計算において必要とされる、あらゆる機能を搭載しています。
(「「CODE V」」の詳細)

その他のセミナー紹介

IoT/デジタルツインデモ機体験会
IoT/AI技術を使った予兆保全のデモシステムを、実際に見て触れて体験していただくことができます。
さらにAR技術を使った可視化と作業支援〜点検記録のスマート化などを実際にお試しいただけます。
詳細・お申し込み
pagetop

Top