【WEB 配信セミナー】

3次元CAEデータに対応した深層学習用AI構築ツール
「Neural Concept Shape」のご紹介

日時:11月12日(金) 13:30〜14:00

セミナー概要
CAEは昨今の製品設計の評価に広く利用されています。
その一方で、CAEツールの設定や操作には様々な知識が必要となるほか、
問題によってはシミュレーションに長時間かかることもあり、
設計現場での活用には限界がありました。
このような課題を深層学習AI技術で解決できるツールが
Neural Concept Shape(以下NCS)です。

こんな方におすすめ!

01
CAEに活用できる
AI技術を
ご検討されている方
02
AIによる
CAEデータの活用を
ご検討されている方
03
設計〜解析プロセスの
改革と
開発サイクル短縮に
取り組まれている方

本セミナーではCAEへの
深層学習AI活用によるメリットのほか、
NCSの製品概要やAI構築の流れ、
およびライセンス形態についてご紹介します。

開催概要

日時 2021年11月12日(金) 13:30〜14:00頃
会場 オンライン配信(Zoomを用いたWebセミナー)
参加費 無料
アジェンダ ・CAE業務の課題
・CAEデータ×深層学習AIがもたらすメリット
・深層学習AI構築ツール「Neural Concept Shape」ご紹介
主催 サイバネットシステム

お申し込み

※参加お申し込みの受付は終了しました。

セミナー内容の一部をご紹介

Neural Concept Shape (NCS) について
NCSは既存のCAD/CAEデータを学習して深層学習AIを構築できるツールです。AIにより解析のスキルや知識を問わず高精度なシミュレーション結果を得られ、さらに圧倒的な速さで設計評価を行うことができます。製品の品質向上のみならず開発サイクルの短縮にも貢献します。NCSの詳細については、こちらをご参照ください。

必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
SP1以降を搭載のWindows Vista
SP3以降を搭載のWindows XP
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Win 8.1を実行するSurface PRO 2
Win 10を実行するSurface PRO 3
iOSとAndroidデバイス BlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE7+、 FireAfox、 Chrome、 Safari5+
Mac:Safari5+、 Firefox、 Chrome
Linux:Firefox、Chrome
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)

その他のセミナー紹介

IoT/デジタルツインデモ機体験会
IoT/AI技術を使った予兆保全のデモシステムを、実際に見て触れて体験していただくことができます。
さらにAR技術を使った可視化と作業支援〜点検記録のスマート化などを実際にお試しいただけます。
詳細・お申し込み
pagetop

Top