ASTM規格の改訂箇所がわかるASTM Redline(レッドライン)

最新のASTM規格のどこが変わったのか、行単位や表単位、等式単位で見比べたりしていませんか?ASTMでは変更された用語・リファレンス・数字を教えてくれる画期的な製品 - 「レッドライン・スタンダード」を提供しています。「レッドライン・スタンダード」では以前の規格と比べて何が変更されたのかを素早く知ることができるため、これまでかかっていた大幅な確認作業時間を短縮させることができます。

レッドラインとは?

レッドラインはASTM規格の最新版で前の版から何が変わったのかを示すASTMが作成するPDFドキュメントです。2つの規格の中の「追加」、「削除」、「その他の変更」箇所が簡単にわかります。

レッドラインへのアクセス方法

レッドラインはASTMの最新版規格の検索結果からアクセスできます。「Redline」という文字が表示されていない場合には「レッドライン」を利用することはできません。現在では約4000のレッドラインを利用することができます。今後更に増えていくことが予定されています。

使い方

変更がある部分には太い縦線が左のマージン(空欄)に表示されます。追加がある部分には下線が表示されます。削除がある部分には取り消し線が表示されます。チャートと等式の変更には取り消し線が表示され、その行の下に新しい情報が追記されます。
例えばあるチャートの1つの数字に変更がある場合には、その行のすべての数字に取り消し線が引かれ、その行の下に変更された数字の行が表示されます。等式の場合、変更される等式に取り消し線が引かれ、そのすぐ下に、新しい等式が追記されます。


通常のASTM規格

ASTMレッドライン規格