FPiS-GW

FPiS-GWは、液晶(LCD)や有機EL(OLED)など、ディスプレイのガンマ・ホワイトバランスの調整を自動で実施、ガンマICに調整電圧値の書き込みを行うことができる生産ライン向けのシステムです。

ターゲットとして指定された輝度・色度の範囲に収まるように複数の階調で電圧値を調整し、調整結果の値の書き込みを行い、結果の合否判定ができます。 当社独自の調整アルゴリズムを用いることで階調ごとにホワイトバランスの値が目標範囲に収まるように調整を行うことができます。

製品概要

主にガンマ、ホワイトバランス高速自動測定調整をメインにした製品です。

主な特徴

  • オペレータはサンプルを設置し開始ボタンを押すだけで全自動調整が可能
  • ホワイトでのガンマカーブと色度が最適になるように、
    RGB発光を階調ごと調整可能(-Cの場合)
  • モデルごとに、ターゲットの輝度値・色度値などを登録することが可能
  • 調整結果の合否判定

主な対象/アプリケーション

  • 有機EL(OLED)パネル、液晶(LCD)パネルも可
  • 小型〜大型ディスプレイ

 


お問い合わせ