出展内容

ウィザードナビ対応CAE

ANSYS Workbenchは、ANSYSの各種解析ソルバーと、CADインターフェイス、形状作成・編集、メッシュ生成、最適化設計、結果評価、情報共有、開発環境などの幅広い解析支援技術を総合的に提供する「統合製品開発プラットフォーム」です。使いやすい操作環境には定評があり、ウィザードナビに従ってデータのインポートから解析条件の設定、結果評価までを簡単に操作いただけます。

ページTOPへ

マルチフィジックス解析

ANSYSは構造・伝熱・電磁場・圧電・熱流体・音響・衝突などの各種解析とそれらを組み合わせた連成解析が可能な有限要素法解析プログラムです。プリ・ポスト・ソルバー一体型で、ウィザードナビや多様な3次元CADインターフェースを備えた使いやすい日本語の操作環境を採用しています。複数の連成解析手法に基づいた各種連成解析などを事例を交えてご紹介します。

ページTOPへ

流体-構造連成解析

「流体-構造連成(FSI)」とは、主に流体の流れと構造物の変形の連成であり、例えば流体からの圧力によって構造物が変形したり、その逆に構造物の変形によって流れが変化したりする現象などを指します。より実現象に近いシミュレーション技術が求められる今日、FSIは、自動車・航空宇宙・船舶・空調設備といった多数の産業の設計・開発において特に注目されるテクノロジーの一つです。ANSYSソルバーを利用したFSI適用事例やデモをご紹介します。

ページTOPへ

電磁場解析

ANSYS Emagは、静的磁場解析、動的磁場解析、静電場解析、定常電流解析、電気回路解析などを含む電磁場解析ツールです。この機能と他のANSYSの機能を組み合わせた連成解析が活用されています。圧電解析の機能を利用することで超音波モータの解析が行なえます。圧電体のモーダル解析や周波数応答解析によって固定子の振動モードを把握するだけでなく、回転子の摩擦接触を考慮して実際の回転挙動を把握することができます。

ページTOPへ

電子機器熱流体解析ツール

ANSYS Ice Productsは電子機器専用の熱流体解析ツールです。ANSYS Icepakは、ICパッケージ、PCB(プリント配線板)、筐体など様々な問題について伝導、対流、放射を含めた解析が可能です。また、ANSYS Icechipは、半導体パッケージ専用の熱解析ツールです。いずれも電気・機械系CADのデータを直接取り込んで解析モデルを構築することができ、高速なソルバーで熱流体解析、もしくは寄生パラメータの抽出が行えます。

ページTOPへ

プリ・ポストプロセッサ

ANSYS ICEM CFDプロダクトは、流体解析用プリプロセッサである「ANSYS ICEM CFD」と構造解析用プリプロセッサである「AI*Environment」に分類されます。どちらも、「強力なジオメトリハンドリング」「ジオメトリに依存しないメッシング」「柔軟なメッシュ修正機能」のメッシュ生成・編集機能を有しており、さらに複雑かつ大規模モデルに対してその威力を発揮します。本展示では、ANSYS ICEM CFDプロダクトの最先端メッシング機能をデモを交えてご紹介します。

ページTOPへ

最適化モジュール

ANSYS DesignXplorerは、CAD寸法・材料特性・境界条件などの設計パラメータを組み合わせてサンプルを自動的に作成し、最適な設計案を自動抽出する、実験計画法をベースにした最適化ツールです。
相反した複数の設計目標を考慮した多目的最適化が可能であり、また、パラメータのばらつきを考慮したロバスト設計も可能です。

ページTOPへ

弾性体・剛体運動解析

ANSYS Rigid Dynamicsモジュールは、剛体・弾性体の運動解析を可能とするANSYS Workbench専用の運動解析オプションです。
回転・並進・バネによる結合など豊富なジョイントタイプを用意し、さらにジョイントの定義は全自動で行うこともでき、操作性に優れています。
新しく開発された剛体運動解析用のソルバーを搭載しており、非常に短時間で解析できることに加え、剛体運動解析と弾性体運動解析の切り替えがスムーズに行え、剛体と弾性体が混在したモデルの解析も可能です。

ページTOPへ

汎用ビジュアライゼーション

EnSightは通常の可視化機能に限らず、利用者の考察の手助けとなる、豊富な機能を取り揃えたビジュアライゼーションツールです。製品は基本となるEnSightと、EnSightの基本機能に加え並列処理やVR(Virtual Reality)機能が追加された上位版のEnSight Goldがあります。また、より有効に可視化情報を利用していただくための関連ツールも提供しています。

ページTOPへ

大規模音響解析

弊社で開発した「WAON」は高速多重極境界要素法(FMBEM)ソルバーを搭載した音響解析ソフトウェアです。FMBEMソルバーは計算に必要なメモリ、演算回数が従来の境界要素法(BEM)に比べ極端に少ないため、大規模モデルや高周波領域の音響解析等、従来のBEMでは困難であった領域において、驚異的なパフォーマンスを実現します。自動車、産業機器、家電製品等様々な音響問題のシミュレーションに適用可能です。

ページTOPへ

射出成形CAEシステム

MoldStudio3Dは射出成形プロセスを統合的に解析する射出成形CAEシステムです。成形プロセスにおける樹脂の充填過程や、成形時に生じる不具合の検討、離形後のそり・収縮の予測、金型冷却解析など成形品の品質に及ぼす影響を、事前に評価・検討することが可能です。MoldStudio3Dでは重力による影響やエアーラップの評価・検討も標準機能で可能なほか、2色成形(多層多色成形)、射出圧縮/プレス成形、ガスアシスト成形、サンドイッチ成形、発泡成形、流動残留応力解析など幅広い解析オプションを備えています。

ページTOPへ

板成形解析ソフトウェア

eta/DYNAFORMは、自動車の車体パネルなどに代表される複雑な形状をもつ薄板のプレス加工において、その成形プロセスの事前検証や金型の設計及び生成が行える板成形解析統合システムです。ソルバーには衝突・落下解析で定評のある「LS-DYNA」を搭載。近年、スプリングバックの高精度化へも積極的に取り組んでおり、今後ますます複雑化及び高度化する板成形プロセスの事前検証や金型生成のコスト削減に必要不可欠なシミュレーションツールとなっています。

ページTOPへ

汎用型 最適設計支援ツール

従来のCAEによる設計プロセス(ユーザによるトライアンドエラー)を、最適設計支援ツールOPTIMUSの「自動化・統合化・最適化」機能を利用することで劇的に改善することができます。使い勝手の良いGUIや豊富なデータマイニング機能を用いて、実験計画法や応答曲面法、豊富な最適化アルゴリズム(単一目的、多目的)、ロバスト性・信頼性アプローチなどの機能を使うことで様々な設計問題について本当の最適な設計を実現することが可能です。

ページTOPへ

CATIA V5搭載型最適化モジュール

より多くのユーザに最先端の最適化技術をご利用頂くために、最適設計支援ツールOPTIMUSの機能をCATIA V5に統合させた製品です。CATIA V5に完全にバンドルされておりユーザはシームレスな操作環境のままで、従来のCATIAによる設計サイクルに「自動化/最適化」機能を追加することができます。豊富な手法(実験計画法/応答曲面法/最適化アルゴリズム/ロバスト性)を搭載、かつ優れたデータマイニングの機能を備えた製品です。

ページTOPへ

3次元公差解析マネジメント

CETOL6σは、従来の「過去の図面の流用」や「最悪値の手計算」、「勘と経験」によって決定していた根拠の薄かった公差決定を「最適な公差」として指示することができ、量産時の組立不良や過剰品質といったリスクを回避させ、安定した品質・低コストでの生産を実現することが出来ます。ネイティブな3次元CAD環境の中で実際に作られたデータをそのまま利用することができ、SolidWork版・CATIA V5版・Pro/Engineer版をご用意しております。

ページTOPへ

照明設計・解析ソフトウェア

LightToolsは使い勝手の良さとその充実した設計支援機能から作成したモデルをより最適な結果となるよう導く最適化機能を備えた照明エンジニアリング用設計・解析ツールです。モデル化はソフト内部の3DCAD機能により自由に行なえ、この度加わったSolidWorksリンクモジュール機能によって更に便利になりました。LightToolsを使うことによって、試作や実験回数の削減、製品品質の向上、開発期間の短縮など、トータルな開発コストの削減という効果が期待できます。

ページTOPへ

輝度・照度・色度測定システム

ProMetricはソフトウェアとハードウェアを統合したシステムであり、輝度・照度・色度を測定することができます。CCDを用いており、一度に約150万点のデータを取得することができるため、面内の細かい輝度ムラ・色度ムラの評価や微小な欠陥の検出なども行えます。性能が異なる4タイプのカメラとレンズを組み合わせることにより、LEDチップのような微小なものから数十インチディスプレイまでの評価が可能であり、ディスプレイ関連、プロジェクタなどの発光体の製品評価や検査部門で使用されています。

ページTOPへ

振動解析ツール

Structural Dynamics Toolbox(SDT)/FEMLinkは、振動解析問題のためのさまざまなソルバーに対応した有限要素法モデルの生成を行います。ANSYSをはじめとした汎用的なFEMツールとのダイレクトインタフェース機能やGUIを使ったビジュアライゼーション機能を提供しており、簡単な操作でプリポスト処理が可能です。SDT/FEMLinkは、MATLAB/Simulinkのアドオン製品です。

ページTOPへ

制御系設計統合ツール

ecICPは、ExpertControl社が開発したMATLAB/Simulink環境で制御コントローラを自動設計するソフトウェア製品で、理論的な知識を必要とせず、簡単な設定でロバストな制御コントローラを自動で設計できます。さらに、ecCSTと組み合わせることにより、非線形システムの制御コントローラ設計も非常に簡単に行なうことが出来ます。その他にもExpertControl社はMATLAB/Simulink環境での開発環境を拡張するソフトウェアを提供しています。

ページTOPへ

イノベーション支援ソリューション

Goldfire Innovatorは、様々な先進の問題解決手法と知識データを統合したイノベーション支援ツールです。 ものづくり現場における様々な問題の基本構造を分析し、根本的な欠陥を発掘し、膨大な知識データから解決策へと導くことで持続的なイノベーションを支援します。 設計者のひらめきとアイディアを最大限に活用して頂くために、アイディアやコンセプトの生成プロセス自体を社内の知識資産として再利用できる環境を提供します。

ページTOPへ

CAD/CAEトレーニング支援

epiplexはCAD/CAEアプリケーションの操作手順をバックグランドでデータ記録し、それを元にマニュアルや操作習得の為の動的コンテンツを生成します。また実作業環境での操作と連動したヘルプを作成する機能もあり、さらには操作する人間のパフォーマンスを定量的に分析する機能も備えていますので、CAD/CAE業務の効率向上に最適です。

ページTOPへ