<Web配信>幾何公差 学びなおし講座(オンライン)

「幾何公差をもう一度基本から学びたい」「図面の幾何公差化を推進したい」など、幾何公差の活用について、近年多くのニーズを頂いております。
今回も「Webセミナー形式」で開催させて頂きます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時 2020/12/11(金)
10:00〜17:00(9:40受付開始)
会場 Webセミナー(Zoom)
定員 15名
主催 サイバネットシステム株式会社
受講形態 聴講、演習、及びディスカッション形式
対象 幾何公差を書く/読む経験を有するエンジニア

日程・お申し込み

※参加お申し込みの受付は終了しました。

本セミナーはご好評により 11月25日 14時にて受付を終了させていただきました。
既に満席となっておりますが、キャンセル発生時に弊社よりご連絡をさせていただくことも可能です。
キャンセル時の連絡をご希望の方は、お問い合わせフォームよりその旨ご連絡ください。


お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。
ご理解の程お願い致します。
定員数に達した場合
最小催行人数に達しない場合
ベンダー様、競合企業様
個人でお申し込みのお客様

テキストの配布はございません。別途「資料概覧」を郵送いたします。
各社様にて「1名迄のお申し込み」とさせて頂きます。

講師

TDME合同会社 高畠 淳一 氏
(サイバネットシステム株式会社 技術顧問)

アジェンダ

講義前の準備

・ISO GPSとASME GD&Tの成り立ちと現状
・包絡の条件
・幾何特性の記号と相互関係
・形体とサイズ形体
・公差インジケータ
【講義内容イメージ】


クリックで画像拡大


クリックで画像拡大


各幾何特性の説明

・形状、姿勢、位置、振れ公差の各ポイント説明や演習など
【講義内容イメージ】


クリックで画像拡大


クリックで画像拡大


まとめ

・講義のまとめ
・幾何公差方式入門講座(中級編)に向けて
【講義内容イメージ】


クリックで画像拡大


クリックで画像拡大


必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
SP1以降を搭載のWindows Vista
SP3以降を搭載のWindows XP
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Win 8.1を実行するSurface PRO 2
Win 10を実行するSurface PRO 3
iOSとAndroidデバイス BlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE7+、 FireAfox、 Chrome、 Safari5+
Mac:Safari5+、 Firefox、 Chrome
Linux:Firefox、Chrome
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)

公差の資料室
OnDemandセミナー
お問い合わせ
公差解析 入門

ページトップへ
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元公差解析ツール