一歩先ゆく海外の公差解析〜機器、装置、電化製品編〜

資料をダウンロード ▶

海外の生産現場では、日本より以前から公差解析が活用されており、3D公差解析ツールが必須となっています。本資料では、機器、装置、電化製品の設計においてどのような背景から公差解析が取り入れられたのか、また公差解析を実施したことによってどのような効果がもたらされたのかについて、以下の活用例をご紹介します。

一歩先ゆく海外の公差解析事例〜機器、装置、電化製品編〜 目次

  • 気中遮断器(ACB)での活用事例
  • ギアアセンブリでの活用事例
  • 呼吸器用安全弁での活用事例
  • 銃器メーカーの開発プロセス改善
  • ローラーべアリングの接触面解析
  • ドアのロック機構部での活用事例
  • スイッチ製品での活用事例
  • カメラフォーカスアセンブリでの活用事例

一歩先ゆく海外の公差解析事例 機器、装置、電化製品編の資料サンプル

1.呼吸器用安全弁での活用事例

呼吸装置用レギュレーターの設計には、機能や安全性において確実な設計が必要となり、OSHA (米国労働安全衛生局)の認証を得る必要があります。公差解析の実施により、各部品のフィット性、および組み立て性の検証、バルブが正しく動作するかの検証を実施し、タイトなフィット性を保ちながらも、簡単に組み立てが可能な設計を行うことができました。

2.銃器メーカーの開発プロセス改善

政府機関より最新の公差解析実施の要求があり、詳細な報告資料の提出が必要となりました。解析には1D、2D、およびフル3Dの公差モデルに加え、「ワーストケース」と「統計ばらつき」の両方が検証対象として求められます。  従来、兵器システムの公差解析は手作業で行われていましたが、検証報告を完成させるまでの日程は7ヶ月しか無く、効率化が必須となりました。

3.カメラフォーカスアセンブリでの活用事例

カメラアセンブリなど光学系を含む機器においては、 性能を確保する為に厳しい公差が要求されることも多く、生産性も考慮した設計が必要となります。 公差解析でらせん状のカム部品が回転する際のフィット性(がたつき)や、ズーム範囲での位置精度を検証することで、適切な公差を設計することができました。

資料のダウンロードはこちら
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


公差の資料室
OnDemandセミナー
お問い合わせ
公差解析 入門

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元公差解析ツール