ANSYS EnSight 体験セミナー
〜流体解析のポスト処理を高速かつ高品質に実行〜

EnSightは、ANSYS 19.0から導入された、流体解析をメインターゲットとしたハイエンド・ポストプロセッサーです。大規模データをハンドリングするための多並列処理、マルチフィジックス、ケース比較、高品位レンダリング、フィーチャ・ディテクション、フリービューワ、VR表示、Pythonによるカスタマイズ/自動化、クライアント・サーバ等の様々な機能を備えております。

これらの機能は、流体解析のポスト処理に処理速度や効率の面でストレスを抱えておられる方、アウトプットをより意識した結果処理をお求めの方、現象の理解を深めるための可視化手法をお探しの方などに効果的なソリューションを提供しますが、同時にユーザーにとって利用に対する敷居の高さになることも事実です。

本セミナーでは、EnSightの特徴的な機能をご紹介すると共に、実際のデータを用いてそれらの基本的な操作を体験いただくことで、EnSight諸機能への理解と親和性を高めていただくことを目的としております。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

開催場所 東京会場
開催会場 弊社 東京本社セミナールーム
[地図]
開催日時 2019年8月29日(木) 13:30〜17:00(受付開始 13:00〜)
定員 18名
対象 ・流体解析のポスト処理が遅くてお悩みの方
・外部への説明能力を強化したい方
・現象の理解を深めるための可視化手法をお探しの方
・ポスト結果の共有を強化したい方
受講料 無料(事前登録制)

アジェンダ

時間 講演内容
13:00-14:40 EnSightのご紹介(座学)

ANSYS EnSightの特徴的な機能をご紹介致します。

14:40-14:50 休憩
14:50-15:50 EnSight 操作体験 第1部 (演習)

下記のワークショップを行います。
・基本操作
・質感の表示
・マルチフィジックス(連成解析)の表示
・フィーチャーディテクション (剥離・付着線、渦コア)
・LIC法
・実験結果を含むグラフの同期表示
・実験動画と数値計算結果の同期アニメーション

  • 上記の内容は若干変更される可能性がありますので、御了承ください。

15:50-16:00 休憩
16:00‐16:45 EnSight 操作体験 第2部 (演習)

下記のワークショップを行います。
・複数ケースの比較:コンテキスト/ケースリンクの利用
・多並列処理と大規模データのハンドリング(空間分割、時間分割)
・レイトレーサを適用しての画像出力
・フリービューワEnVisionのデータ出力と表示

  • 上記の内容は若干変更される可能性がありますので、御了承ください。

16:45-17:00 質疑応答

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ