CAE用語辞典応力の不変量 (おうりょくのふへんりょう) 【 英訳: stress invariant 】

応力の不変量とは、主応力のように座標系によらず値が不変である量のことです。

例えば、コーシー応力テンソルに対する不変量は以下のように表されます。
上から順にコーシー応力テンソルの第1不変量、第2不変量、第3不変量と呼びます。
(まとめて主不変量と呼びます)

主応力を用いて記述すると、以下のようになります。

関連用語

ひずみの不変量主応力


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ