機構解析

カムシャフトのスプリング(バネ)の反力解析
弾性体を含む機構解析事例

バネを有する機械を組み立てると、初期の状態でバネに張力が発生している状態が多くあります。このような機構を通常の構造解析で表現する場合、「バネを簡易要素(バネ要素)で表現し初期張力を入れる」または「バネを自然長から初期長さまで変形させる解析を実施する」などの方法が考えられます。
「カムシャフトのスプリング(バネ)の反力解析〜弾性体を含む機構解析事例〜」の詳細

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ