太陽光パネルのFSI解析事例

  • 太陽光パネルの風による変形を確認したい方
  • 流体による構造物の応力や変形について確認したい方

解析概要

太陽光パネルの風による変形などを解析した事例です。太陽光パネルの設計や設置では、風の影響を考慮することが必要ですが、パネルの変形、応力確認については構造解析との連成解析が必要になってきます。

太陽光パネルの設計や設置では、パネルの破損や飛散を防ぐために、風による影響を考慮する必要があります。またその際には、パネルにかかる圧力だけでなく、その圧力による変形や応力集中箇所を把握する必要があります。

本事例では太陽光パネルを例に、構造物に対する流体の影響を流体-構造連成解析で確認しています。構造解析を行うことで、構造物にかかる圧力だけでなく、変形量や応力を確認できますので、安全な太陽光パネルを検討することが可能です。

解析結果


図1 解析モデル概要

図2 太陽光パネル周りの風の流れとパネル変形量_1(クリックで動画表示)

図3 結果評価面

図4 エアカーテン稼動時の流速ベクトル (平面_1 エア流入速度13.5[m/s])

図5 エアカーテン稼動時の流速分布(平面_1)

図6 流体領域の流速ベクトル(断面図)

図7 エアカーテン稼動時の温度分布

解析種類

対応プロダクト

ANSYS Discovery Ultimate(旧ANSYS AIM)
関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ