最新バージョンリリース情報

最新バージョンのリリース情報を紹介しています。

SpaceClaim 2021R1

主な機能強化

スケッチ

  • 幾何拘束のアイコンが新しくなりました。
  • [自動拘束] が新しく追加されました。これにより、拘束可能なスケッチを検索して、拘束するということが可能になりました。リバースエンジニアリングでカーブを抽出した際、不十分なスケッチに拘束を追加する際に便利です。

2020R2 の [拘束] グループのアイコン(左図)
2021R1 の変更された [拘束] グループのアイコン、及び追加された [自動拘束] ツール(右図)


[自動拘束] ツールのオプション

スケッチ

  • 寸法拘束が追加されたスケッチの寸法値を選択すると、式(Expression)、ラベル(Label)、値(Value)がプロパティに表示されるようになりました。これらの値はプロパティパネル内で変更が可能です。
  • いずれかの寸法値を選択すると、スケッチ内の寸法値に式(Expression)、ラベル(Label)、値(Value)が表示されるようになりました。
  • [Expression] 欄に関係式を入力することできるようになりました。これにより、寸法間に関係式を作成できるようになりました。関係式が作成された寸法を選択すると、参照している寸法が赤くハイライトします。

プロパティに表示された、式(Expression)、ラベル(Label)、値(Value)

寸法を選択して表示された式(Expression)、ラベル(Label)、値(Value)

関係式付き寸法の選択によりハイライトした寸法

測定

  • [偏差] ツールに [プローブ] ツールガイドが追加されました。これにより、任意の位置の正確な偏差が測定できるようになりました。
    2か所目以降は、Ctrlキーを押下したまま選択することで、複数個所の結果を同時に表示可能です。

追加された [プローブ] ツールガイド

複数個所の測定結果

測定

  • [勾配] ツールに [ドラフトプローブ] ツールガイドが追加されました。これにより、任意の位置の正確な勾配角が測定できるようになりました。
    2か所目以降は、Ctrlキーを押下したまま選択することで、複数個所の結果を同時に表示可能です。

追加された [ドラフトプローブ] ツールガイド

複数個所の測定結果

修復

  • [欠落面] ツールが改善されました。
    以前より多くの場合で、正接するようになりました。
    正接は離接するエッジが正接する場合のみ試行されます。

2020R2 の [欠落面] ツールの結果 矢印部が正接していないエッジ(左図)
2021R1 の [欠落面] ツールの結果(右図)

解析準備

  • [中立面] ツールが改善されました。
    中立面作成時に、欠落している面を追加するようになりました。
    中立面の抽出が高速化され、精度が向上しました。

元のモデル(左図)  2020R2 の結果(中央)  2021R1 の結果(右図)
  • 中立面の作成位置が指定できるようになりました。これまでは、ペアとなる面の中央に作成されるのみでした。
    ペア面を選択した際、水色の面が [上] を選択時の中立面となり、緑色の面が [下] を選択時の中立面となります。

追加されたオプション

STL編集モジュール(オプション製品)

  • [規則化] ツールに [偏差] 、及び [曲率依存] オプションが追加されました。
    [偏差] オプションは、オリジナルのファセットボディからの偏差に基付いてファセットサイズを制御します。
    [曲率依存] オプションは、ファセットの3角形の平均サイズを導くために、[最大エッジ長] オプションを使用して曲面に基付づいて可変サイズのファセットを作成します。

[規則化] のオプション 2020R2(左図)
[規則化] のオプション 2021R1(右図)

曲率に基付いて可変サイズの同じ長さのエッジの3角形で再生成した結果(右図)

シートメタル

  • 内側のマイターコーナーは、自動的に閉じられ展開時にスムーズでタイトなコーナーが作られるようになりました。
  • [フォーム] (成形皿穴 - 円)のオプションの画像が修正されました。

作成された内側のマイターコーナー 2020R2(左図)
作成された内側のマイターコーナー 2021R1(右図)


修正されたフォームの画像

グラフィックス

  • シェーディングの [強化シェード] が標準設定になりました。
  • ボックス選択を行う際の、ボックス(枠)、及びボックス内がオレンジ色になりました。これにより、プリハイライトの視認性が向上しました。

視認性が向上したボックス選択

注記

  • 注記の表示空間が、初期設定として設定可能になりました。[ビュー空間](標準)、または [モデル空間] が選択可能です。

初期設定が可能になった注記の表示空間

ファイルの入出力

  • Discovery (*.dsco) の入力に新規対応しました。Discovery ファイルに含まれる物理特性、解析条件は読み込み時に除去されます。
    Autodesk Revit (*.rvt、*.rfa) の入力に新規対応しました。
  • CATIA V5-6 R2020、 JT Open 10.5、Teigha/RealDWG 2021、SketchUp 2020 の入出力に対応しました。
    Creo Parametric 7.0、NX 1899、AutoCAD 2021、Inventor 2021 の入力に対応しました。
    なお、ACIS ファイルの入出力以外には、対応するデータ交換パッケージのライセンスが必要です。

過去バージョンのリリース情報

 


ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる