ユーザからよくある質問(FAQ)

小さいパーツをまとめて引き算したい

Q. 大きな形状の中に複数の小さなパーツが内包されているモデルがあって、その小さなパーツをまとめて引き算してくりぬくように削除したいです。このように削除したい箇所が複数あって、削除漏れがないようにするためには何かいい方法はありますか?

A. 小さなパーツをまとめることが、抜け洩れ無く、簡単に作業を実施できるコツです。まとめるにはコンポーネント化することが最適です。

コンポーネント化
小さいパーツをコンポーネント化するには以下の手順で行います。

@まとめたいソリッドをCtrlキーで複数選択するかShftキーで範囲選択(上から下までのリスト選択)をします。
Aマウス右ボタンメニューから[新規コンポーネントに移動]を選択します。
B新しいコンポーネントが作成され、その下に選択されたソリッドが全て移動します。
※ドラッグ&ドロップでソリッドを移動させることも可能です。

あとは[組合せ]ツールを実施する際にコンポーネントを選択することで、その下の全てのソリッドを選択したことになります。手順は以下の通りです。

@[組合せ]ツールをクリックします。
A大きな形状をクリックします。 ->引き算のターゲットボディとなります。
B[カッター選択]ツールガイドが有効になったところで、ストラクチャーツリーから小さいパーツがまとめられているコンポーネントをクリックします。
  ->コンポーネント内のすべてのボディがソースボディとなります。
  ->削除するボディが、大きな形状と同じ階層に配置されますので、削除するときにも選択しやすくなります。
   ([削除する領域を選択]ツールガイドでは選択し難いことがあります。)

補足

ボックス選択
小さいパーツがコンポーネントにまとめられていない場合には、ボックス選択などで選択することになります。手順は以下になります。

@[組合せ]ツールをクリックします。
A大きな形状をクリックします。
  ->引き算のターゲットボディとなります
B[カッター選択]ツールガイドが有効になったところで、小さいパーツが完全包含されるように左から右にボックス選択します。
 ->ボックス選択に包含されたすべてのボディがソースボディとなります。
 ->削除するボディがターゲットやソースと同じ階層に配置されることがありますので、不要なボディの判断が難しくなることがあります。

 [削除する領域を選択]ツールガイドで、個別にクリックすることになろうかと思います。
 ->削除に不必要なソリッドやソリッドの選択が足りない場合にCtrlキーを押しながら個別に選択/選択解除をする必要があります。

選択漏れを防ぐのであれば、コンポーネント化しておくことをお勧めします。

ユーザからよくある質問に戻る

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!