グレード/バージョン

  1. SpaceClaimでは、全ての製品でフローティングライセンスと年間ライセンスを提供していますか?
  2. フローティングライセンスサーバーのサイトの定義はどのようになっていますか?
  3. オプション製品もフローティングライセンスとして使用できますか?
  4. フローティングライセンスで、買取ライセンスと年間ライセンスを混在させることはできますか?
  5. ノードロックライセンスとフローティングライセンスの違いは何ですか?
  6. バージョンアップはどれくらいの頻度ですか?
  7. サービスパックはどれくらいの頻度でリリースされますか?
  8. Home エディションとは何ですか?

回答一覧:グレード/バージョン

Q: SpaceClaimでは、全ての製品でフローティングライセンスと年間ライセンスを提供していますか?
A: はい。ただし以下のライセンスを除きます。
  • KeyShotは買取ライセンスのみの提供となります。
  • 教育機関向けは年間ライセンスのみの提供となります。
  • 教育機関向けのフローティングライセンスは50シート以上での提供となります。
Q: フローティングライセンスサーバーのサイトの定義はどのようになっていますか?
A: フローティングライセンスは1サイト内での利用になります。1サイトは1つの会社の1つの場所(複数の建物を含めることができます)を指します。詳しくは担当営業までお問い合わせください。
Q: オプション製品もフローティングライセンスとして使用できますか?
A: オプション製品(データ交換パッケージやTraceParts)もフローティングライセンスでご利用いただけます。
  • デフォルトでは、ライセンスにアクセスを行った時に利用可能な全てのオプション製品ライセンスを利用します。SpaceClaimのオプションメニューのライセンス選択で、特定のライセンスを利用しないように選択設定することができます。(設定を有効にするにはSpaceClaimの再起動が必要です。)
  • ノードロックライセンスとフローティングライセンス間で、オプション製品のライセンスをシェアすることはできません。
Q: フローティングライセンスで、買取ライセンスと年間ライセンスを混在させることはできますか?
A: 1サイト内で、フローティングライセンスの買取ライセンスと年間ライセンスを混在させることはできません。
Q: ノードロックライセンスとフローティングライセンスの違いは何ですか?
A: ノードロックライセンスは使用するマシンそれぞれにライセンスが必要です。
一方、フローティングライセンスは購入したライセンスの数を越えない限り、1サイト内の複数マシンで同時使用ユーザー数としてライセンスをシェアできます。フローティングライセンスはFlexera Software社のFLEXnet(旧FLEXlm)を使用します。
Q: バージョンアップはどれくらいの頻度ですか?
A: バージョンアップは、現在 9ヶ月を目途に実施しています。
Q: サービスパックはどれくらいの頻度でリリースされますか?
A: サービスパックは、1ヶ月〜2ヶ月ごとにリリースされています。
Q: Home エディションとは何ですか?
A:
  • Homeエディションライセンスは、自宅での利用を条件に発行される1年間利用可能なライセンスです。
  • 買取・年間レンタルにてEngineerライセンスをご購入の際、納品時に正式ライセンスと共に納品されます。
  • 正式ライセンスの保守が更新されると、保守期間確認書と共にHomeエディションライセンスのシリアルが送付されます。
  • 1ライセンスにつき、PC1台までのインストールが有効です。
  • 製品をインストールした後、正式ライセンスと同様にユーザ登録が可能です。
  • ユーザ登録を行なうと、mySpaceClaim.comへのログインが可能になります。
  • Homeエディションライセンスが有効な期間中は、バージョンアップも提供されます。
  • データ交換パッケージ等のオプション製品はサポートされません。
  • 作成したデータは、Engineer版と互換性があります。

 


電話でのお問い合わせ。 ANSYS Discovery Live 体験セミナー
ダイレクトモデリングが劇的に効果を発揮する適用領域
操作を動画で見る
適用事例を見る
試してみる
メールマガジンお申し込み SpaceClaimの最新情報、セミナー情報を定期的にご案内!